転職時に優先させるもの

転職時に優先させるもの

 アベノミクスによって今の日本の経済状況が上向いていると耳にしても、実際にその恩恵を受けている人は一握りの人たちでしょう。そしてその恩恵を受けることの無い多くの人たちは、一度は考えたことがあるはずです。「転職」を。

 

 転職する際の留意点はいくつかあります。

 

  1. いつ、どのタイミングでするのか?
  2.  

  3. どんな方法で転職先を探すのか?
  4.  

  5. どんな仕事(分野)に転職するのか?

 

 など上記の点が代表的な点でしょう。

 

【参考ページ】
高卒の転職
景気回復の今だから始めよう、高卒の転職。

 

 1のどのタイミングで転職するのか?というのは難しい所です。在職中に転職活動する場合と退職後に転職活動する双方にメリットとデメリットがあります。

 

 まず在職中の転職活動のメリットは仕事をしながらの活動ということで給料(活動資金&生活費)が入ってくる事です。反対にデメリットは現在の仕事を抱えながらの活動は物理的に転職活動に時間をかけることは難しくなります。そして退職後の転職活動は潤沢な蓄えがある人ならば納得のいく転職先が決まるまで、じっくりと転職活動することが出来ますが、蓄えもなくましてや家族がいる人はすぐに転職先を決めなければ死活問題です。

 

 どちらも自身の生活環境、家庭状況を踏まえた上で転職のタイミングを見極めた方が良いでしょう。

 

 2のどんな方法で転職先を探すのかというのは、ハローワークへいくのが一番先に思いつくのではないでしょうか、そのほかは求人情報誌やパソコンの求人サイトに登録するのも有効です。自分のキャリアに自信がある人は転職エージェントの活用もキャリアアップに活かすことが出来ます。

 

 意外と転職する人が活用しないのは友人、知人の紹介です。あなたの性格や力量を知っているの紹介ならば話もスムーズに進みやすくなります。それには日頃から人との交流を広めておくことです。幸い今の世はSNSの普及によって人とのつながりは容易になりました。しかしそれはあくまで人との繋がりの入り口であって、そこから先は自分自身があるきっかけによって繋がった人とどう関わっていくかにかかっています。

 

 3のどんな分野に転職するかは一番スムーズなのは現職の仕事内容とリンクした転職先を探すことでしょう。しかし自分が身を置いている業界自体が将来的に期待できないのであれば、思い切って未知の分野で自分を試してみるのも一つの選択です。どちらを選択するにしても、日本を含めた経済状況や今後成長が期待できる分野など、情報収集と勉強(知識の拡張)を怠るべきではありません。

 

 少し前の日本ならば「終身雇用」や「年功序列」といった制度があり安心して働くことが出来ました。しかし今はいつ会社が倒産するかもわからず、いつリストラを言い渡されるかも予想できません。どこでどんな仕事をするか、ということも大事ですが、これからは「どんな人と」「どんな働き方」をするのかも重要です。ネット環境が整っていれば、「ノマドワーカー」のように会社に属さなくとも様々な事が出来ます。