面接は自分から企業をチェックする場でもある

面接は自分から企業をチェックする場でもある

 面接は企業からチェックを受けるという印象の人が多いと思いますが、転職者から企業をチェックできる機会でもあります。求人情報やホームページからは分からない情報を、直接社内に入ることによって確かめられることは沢山あります。

 

 まず、社内の雰囲気。清掃がキチンとされているか、挨拶はあるかなど、社内で一緒に働く人たちの様子が分かります。静かに黙々と作業する職場なのか、活気のある職場なのかによって自分と職場の相性も分かります。

 

【参考ページ】
フリーターから就職
フリーターから正社員就職の道は一つではありません。

 

 また、面接の担当者との会話もチェックポイントです。自己アピールも大切ですが、詳細な業務内容について聞くことができる機会ですから、積極的に聞きましょう。

 

 面接の際に確認しておきたいことを事前に書きだしておくのがお勧めです。ただし、悪印象を与えてしまうような誤解を生む質問は避けておくのが賢明です。例えば「人間関係はどうですか?」と聞けば、あなたが人間関係が原因で転職先を探している印象を与えてしまいます。残業時間について確認をしたいときも「繁盛期はいつでしょうか?」などと聞き方に注意して探る方がいいでしょう。

 

 わざわざ会社側から確認する内容にも、その会社の特性が表れますので注意してみましょう。あなたが女性だった場合、担当者から「女性の多い職場ですが問題ありませんか?」などと聞かれた場合は要注意です。その会社では女性同士、何かもめごとがあった可能性が高いです。

 

 企業側からチェックされると同時に、その企業が自分の希望するものであるかどうかのチェックも大切です。