フリーターから正社員へ

 最近、若者の間で正社員になるのではなく、フリーターとして働く人が増えています。その背景には就職難であることや、重要なポストを負かされ、プレッシャーの中で仕事をしたくないと感じる人が増えてきていることにあります。しかし若者は仕事を覚えるのが非常に早く、たとえフリーターとして働いていても、職場で重宝されることが多々あります。また年齢が若くなくても、長年同じ職場でフリーターとして働いている人は仕事によく精通しており、やはり重宝されているケースが少なくありません。

 

 そのような状況下で仕事をしておられる人は、この職場で自分を正社員として雇ってもらえないかを上司に訪ねることができるでしょう。たとえ高学歴の新人を採用したとしても仕事に関しては全くの素人であるわけで、この新人に一から仕事を教えるよりも、既に経験のあるフリーターを正社員として雇った方が、会社にとってもメリットがあるわけです。それで正社員として雇ってもらえるかを積極的に訪ねてみるのは良いことでしょう。また将来正社員として働きたい会社にアルバイトとして雇ってもらい、仕事が出来るようになり、重宝されるようになってから正社員として雇って欲しいことを告げるのも賢い方法です。