ニートが就職を成功させる3つのポイント

ニートが就職する際のポイントは3点あります。

 

1.ニートになった理由を正直に伝える
 就職先の会社で必ず聞かれることは「なぜニートになかったのか?」です。その時は、正直に理由を言うことが大事です。しかし「仕事をしたくなかったら」や「人と関わりたくなかったから」では相手に伝わりませんので、具体的にどうして仕事をしたくなかったのか、人と関わりたくないと思うに至った経緯は何かを具体的に説明する必要があります。

 

2.就職支援を受ける
 ニートの就職を支援するNPOや行政の支援機関で電話やメール、面談を無料相談ができますので、インターネットや市役所の広報誌で探してみてください。また、仕事体験を行っているNPOもありますので、就職の悩みを一人で抱えずに支援してくれる人を頼ってください。

 

3.ボランティアでいろいろな人と会話する
 長い間働いてないと、いろいろな人とどのような会話をして良いか迷ってしまうことがあります。そのような場合には、ボランティアに参加してみることをお勧めします。ボランティアの探し方は、市役所からの広報誌やインターネットで見つかります。ボランティアに参加する人は、子どもから年配の方までさまざまなので、同じ仕事をしながら会話することができます。就職する際のアピールにもなりますのでお勧めです。